すべてのお客さまが
楽しくショッピングできる
店づくりを目指しています

「イオンハートビル設計基準」による設計?施工を推進しています。【ハートビル法認定(高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律)累計施設数17店舗】

イオンハートビル設計基準

誰もが便利で快適に利用できる
店舗づくり

イオン琉球は、よりよい公共の場でもありたいと願い、「誰もが便利で快適に利用できる」ユニバーサルデザインの考え方を積極的に店舗づくりに取り入れています。1994年に施工されたハートビル法(高齢者やお身体の不自由な方などが、円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律)に基づき、独自の「イオンハートビル設計基準」を作成し、新店舗の建築や既存店舗の改築時に導入しています。
福祉器具(車イス、車イスに取り付けられるショッピングカート、老眼鏡など)の貸し出しや、車イス対応の自動販売機、ATMの設置など独自の設備整備導入を図っています。

バリアフリ-の5つのポイント

  1. 廊下は車いすや視覚障害者の方が安心して楽に通れる。
  2. 出入り口に段差がない。
  3. 階段は手すりがついていて緩やか。
  4. 玄関や部屋のドアは車いすが通れる。
  5. 駐車スペ-スは車いすが利用できる。

身体障害者補助犬法への取り組み

イオン琉球では2002年9月より「身体障害者補助犬法」成立を受け、全店にて盲導犬同伴のお客さまだけでなく、介助犬、聴導犬同伴のお客さまにも自由にお買物していただけるようになりました。また、従業員への介添え教育や手話教育により、お客さまが必要な時にお手伝いできる技術の習得にも力を入れています。